田無に新店、出身の大勝軒と違う清湯オイリーが美味い~72杯目 中華そば 西の

画像

中華そば 西の
東京都西東京市田無町4-26-3
営業時間
11:00~16:00、
18:00~21:00
無休
またまた早起きは出来たのだが、ゆっくり出発。
今日は西武新宿線沿線。
まずは田無へ、
2月15日にオープンした「中華そば 西の」。
本郷三丁目の「にし乃」と間違うなよ。
小金井大勝軒出身の店主が大勝軒とは違う鷄清湯ベースのラーメンつけ麺を提供してるそうだ。
10:49出発。
電車空いてるなぁ。

11:48店着。
カウンター8席に先客4名。
券売機でメニュー。
中華そば 750円
特製中華そば 950円
肉中華そば 1050円
つけ麺(熱もり有)780円
特製つけ麺(熱もり有)980円
肉つけ麺(熱もり有)1080円
※大盛100円
※特大盛200円など。

特製つけ麺980円の食券を買い、あつもりでお願いした。
つけ麺を食べた方の書き込みの多くが、つけ汁が冷めやすいのが難点だとあったから。
冷水機の水がぬるい。
カウンターのピッチャーは氷が入ってるから冷たい。
カウンターにはコショー、一味、酢がある。
ワンロット4杯で回してる。
チャーシューはIHプレートで温めてる。
これ、厨房のレイアウト違うよなぁ。
シンクの位置が違う気がする。
狭くて組めなかったか。
これじゃ店主やりづらいだろうな。

さて出来上がり。
先につけ汁。
チャーシューが6枚ほどと長ネギ、メンマも入ってる。
醤油澄んでいて、かなりオイリー。
魚介の香ばしい匂いがくる。
麺もきた。
画像

麺は極太の強い縮れ。
味玉と海苔、豆苗がのる。
麺だけ食べる。
かなりいい麺だな。
画像

コシ、噛みごたえ、味も小麦粉のがしっかりときて、噛めばだんだん甘くなる。
そのまま、麺を黄身に突っ込んで食べる。
玉子がいいのか麺との相性か、むちゃくちゃ美味い。
この麺は生卵と絡めて食べるのも良さそうだ。
白身の味つけもいい。
チャーシューは同じ部位だろが、脂身や赤みのバランスが違う。
麺を包んで食べた。
画像

なかなか美味いチャーシューだとわかる。
高級なハムに似たような味わい。
メンマも麺にのせて食べる。
画像

つけ汁の味が活きて、この後つけ汁につけて食べる期待が高まる。
つけ汁につけた。
東池袋大勝軒より永福町大勝軒寄りの味じゃないかな。
オイリーで口はペトベト。
ただ美味い。
ややしょっぱいのかもしれないが、麺と絡むとちょうどいい。
海苔で包んで、コショーかけて食べるのも美味い。
豆苗と食べるのもいいアクセントだ。
酢と一味を入れたが、油の美味さが強くてなかなか味が変わらない。
麺食べきり、スープ割り。
レードルで少し注いでくれた。
美味いがしょっぱい。
やはりしょっぱいつけ汁だった。
画像

もう少し割ってもらっても良かったかな。
完食。

脂っこいが、飽きない味だ。
ラーメンの味は想像つくが、食べてホッとするかもしれないな。
帰り、外待ちが出来ていた。

画像

田無第一ホテル
楽天トラベル
長期滞在も可(割引あり)☆禁煙室もございます


楽天市場



"田無に新店、出身の大勝軒と違う清湯オイリーが美味い~72杯目 中華そば 西の" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。