10年振りに食べたら記憶と違う中華そば〜179杯目マル真

96FA0334-A290-4AAF-BFA7-9CCAD7021245.jpeg

中華そばマル真

青森県弘前市大字石渡4-16-1

電話0172-34-4973

営業時間

11:0016:00

不定休

関東式ニボニボを食べたら、やはり地元らしい中華そば

を食べたくなった。

免許証の住所変更をして、そこからまっすぐ進めば、「マル真」があるな。

そうしよう。

最後に行ったのが20093https://20422268.at.webry.info/200903/article_26.html

その前が200810https://20422268.at.webry.info/200810/article_25.html

20087https://20422268.at.webry.info/200807/article_8.html

20082https://20422268.at.webry.info/200802/article_16.html


12:36着。

先客なし。

後客1名。

メニュー

醤油太麺650

醤油細麺650

味噌750

650

とんこつ700

おにぎり100

大盛は250円増し 

醤油細麺650円を注文。

おにぎりは梅干で、売り切れだ。


さて出来上がり。

FA0BD938-83C4-438F-8441-A621D366AB46.jpeg

スタンダードな盛り付けだ。

何か不思議な匂いがする。

何か乾物の出汁のような匂いだが、わからない。

海苔、チャーシュー2枚、メンマ、長ネギ。

醤油澄んで、油がキラキラしたスープに黄色細縮れ麺。

すすってみると自分が思っている津軽らしい中華そばとは違う。

煮干しの香りも動物系の出汁の味もそんな強わけではなく、キラキラ浮いている油で多少旨味を奏でているような。

海苔でとったようなずっしりとした出汁を感じてしまう。

口に残るような旨味もなく自然な出汁なのだがクセになる感じはしない。


メンマは素晴らしいあっさり味のシナチク。

チャーシューは脂身がほどよくついたバラ肉。

93364C0D-7C77-418B-8D3D-390917DAB5D6.jpeg

海苔はコショウかけて麺に巻いて食べる。

短時間で麺を食べきってしまい、スープを蓮華ですする。

ささっと完食ごちそうさま。


思っていた津軽中華ではなかった。

なんか学食にある動物系のラーメンのような感じ。

昔食べたものと味が変わっててきている気がする。

明日は津軽らしい中華そばを食べたい。

CA9F3EEE-0FC8-4E9F-9AF7-11CA0562B3DE.jpeg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント