永福町系には「の」~116杯目めとき

画像

めとき
東京都新宿区大久保2-29-8
電話03-3200-8836
営業時間
11:00~14:30
スープ終了時閉店
月曜 日曜 祝日休み
こちらも10年は来てないな。
ラーメン本「取材拒否の店」に載っていて、真っ先に行った店。
永福町大勝軒系の中華そば。
熱くて量多くてサイコーだった記憶がある。
11:50着でカウンター6席が一つ空いてた。
メニューは中華麺870円と小盛中華麺820円のみ。
小盛を注文。
煮干し臭漂う店内。
目の前が茹で麺機だから、湯気が直接顔にきて熱い。
さて麺着。
醤油澄んだスープに葱。縁が黒いチャーシューにナルト、メンマ、海苔。
永福町大勝軒してるなぁ。
これだ~。
熱いなぁ~。
麺啜って鼻から息吐くとニボ~。
うめぇ~。
スープ啜って、口ヤケド(^-^)
津軽中華に通じる旨さがあるよなぁ。
海苔に胡椒かけて麺と食べる。
店主が「おつりよろしいでしょうか?」
「はい」と返事すると、カウンターに裏変えしに置いてある小皿の上に小銭の釣りを置く。
これを受け取り、小皿の下に千円札を挟む。
これがこちらの支払いのシステム。
ああ、まだ熱い、冷めない。
さぁ、永福町と来たら、「の」。
酢を「の」の字を書くように入れる。
うわぁ、旨い。
今まで旨かった煮干しの苦味が丸くなって、新しい旨味に変化。
もう少し酸味が欲しいから「の」。
もっと味が丸くなりつつ、やや酸っぱさがプラス。
ちょうどいい。
完食。
やっぱり、新店ばかりチャレンジするより、心から美味しいと思える店はリピートしよう。
満足でした。

画像
画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック