二郎の流れをくむ変わり種~36杯目七琉門

画像

らーめん 七琉門
東京都千代田区鍛冶町1-7-1
電話03-3254-4555
日曜、祝日休み
営業時間
11時~15時、17時30分~22時30分(LO)
土曜11時~15時
堀切系二郎インスパイアの「ぽっぽっ屋」が久し振りにセカンドブランドを出したそうです。
店名は「なると」と読みます。
過去に「めぐ蔵」、「短太固」などで食べた事がありますが、むちゃくちゃ旨かったのに、どちらも閉店。
味以外の理由があるそうで、行徳にあった「ぽっぽっ屋」で店主の宮本さんと直接お話できたことがありました。
さて久し振りのセカンドブランドはどうでしょうか。
12:35着で先客1名。
空いてます。
らーめん小(200g)650円+味付玉子100円の食券を買いました。
食券を渡すと
「ニンニク入れますか?」
「はい。」
厨房からは二郎特有の野菜を茹でるニオイがしてきました。
しばらくして出来上がり。
野菜はもやしのみ。
豚しゃぶがのっかって、その上に三つ葉。
一味がかかってますね。
なるとのナルトは黒いです。
さて麺を引き出して食べます。
ぽっぽっ屋らしい麺。角張った太麺です。
歯ごたえよく旨い。
浅草開化楼です。
ニンニクはスープの中に入ってますね。
麺を啜って分かりました。
コクがある醤油色の濃いスープは豚の甘味が旨味として際立ち、満足感を与えます。
もやしのシャキシャキ感もいい。
豚しゃぶも旨い。
たんぱくに茹で上がってるから、濃いスープを誘います。
また、「ぽっぽっ屋」は素晴らしいらーめんを作りましたね。
つけ麺もありますが、どんなかな?
気になりました。

画像
画像
画像
画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック