100杯目はやはり丿貫で。平政とその白子~100杯目福富町丿貫

画像

灰汁中華 丿貫 福富町本店
神奈川県横浜市中区福富町仲通2-4
電話 045-251-2041
昼営業(ラーメン専門)
11:00~15:00 (L.O.14:30)
※年中無休
夜営業(日本酒専門)
18:00~22:30 (L.O.22:00)
※夜営業のみ日曜・月曜定休
今日はどんより曇っている。
毎晩暑くて、窓を開けて寝るようになった。
だから、車の音で早く目が覚める。
さらに腹がパンパンに張っていて、何回もトイレに行った。
早く目が覚めてしまったから、ダラダラ横になってるとまたダメだから、サッと起きて「丿貫」へ向かう。

昨日、横浜アソビルに「丿貫」の4号店がオープンしたらしく、2時間近く待つ行列だったらしい。
そしたら、本店、弘明寺は少しは空いてないかなと期待しつつ。
今日は福富町本店に向かう。

メニューをツイッターで調べると
「5月12日(日)のメニューです。
煮干そばclassic
(長崎県産片口、境港産鯵、千葉県産平子)
【祝限定】平政そば
(小田原産ヒラマサ)
渡り蟹の塩そば
黒酢の和え玉
浅蜊の和え玉
平政白子の和え玉
宜しくお願い致します。」
平政そばにしてみようかな。

10:25着。
外待ち9名。
10人目だ。
あれそうすると2回転目だっけ?
11:30位に入店かな。

10:55オープン。
列が進んだが、やはり私で止められた。
ここから1人目が出てくるまで何分かかる?
和え玉とかしたら、早くても20分はかかるだろう。
11時スタッフがメニューを持ち、オーダーを聞きにきた。
和え玉以外を聞くそうだ。
「平政そばにうずら味玉」と伝えた。
いくらだっけ?
確かめなかったな。
列はどんどん伸びている。

11:12呼ばれて店内へ。
カウンター奥へ案内された。
メニュー確認。
画像

平政そば900円、うずら味玉100円だ。

さて出来上がり。
画像

あれ?うずら入ってない。
言ったら別皿できた。
うずら乗せて完成。
具は青ネギだけ。
スープの濁り方が味噌汁みたい。
平政の身がそうさせてるのかもしれない。
香りがまさに平政を煮たようなにおい。
なんか麺が前と違う気がする。
多加水でツルツルしてるぞ。
ボソボソのプツパツ細麺じゃない。
それを引き出して啜る。
これぞ平政だとわかる味が絡まってくる。
やはり麺は記憶してるものと違う。
自分は前の麺の方が好きだな。
引き出すたびに獣臭みたいなカンスイのにおいがするのが好きだ。
うずらはいつも通り。
噛るとプッチンという食感が好きだ。
麺の啜る勢いで味の感じ方が違うから、それを楽しむ。
画像

早くも麺食べ終わりそうだから、平政白子の和え玉(400円)ニンニクで。
タイミング悪く注文してしまったみたいだ。
なかなか来ない。
その間、スープをレンゲで嗜む。
醤油のカエシも美味いとわかるスープ。
これは塩味だとまた楽しいだろう。

和え玉がきた。
残したスープと並べるとつけ麺みたい。
画像

ネギがのり、白子ペーストはわかるが、赤いものは何?
つまんでみると、大根キムチの味がする。
かき混ぜないで麺だけ啜る。
そばと同じ麺だな。
煮干しベースのたれが香ばしく絡み、混ぜなくても美味い。
混ぜてみる。
画像

白子ペーストがなかなか混ざらない。
均等に混ぜて食べる。
なんとなく、カルボナーラっぽい味がする。
白子が鶏卵の白身みたいに絡んだからかな。
白子にかかってたブラックペッパーもそんな印象に引っ張ってるのかも。
つけ麺食いして、最後はスープをぶっかけた。
白子に魚ダシが加わり、なかなか美味い。
麺食べ終わり、白子浮かぶスープを啜る。
画像

こう混ぜると、やはりしょっぱいなぁ。
完食。

今回もなかなか美味しくいただいた。
ただ、麺は前の方が好きだ。

画像






【限定品】珍味!真鱈白子(しらこ)【冷凍】 約150g程度 【浜坂産】 (本鱈・たら・タラ・しらこ・たち)
毎日漁港へ目利き一筋!かにの山米
※内臓の色が付いている部分が混じっている場合がございます。 その部分は少々苦味がございますので、予め


楽天市場



"100杯目はやはり丿貫で。平政とその白子~100杯目福富町丿貫" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。