桜祭りの出店の津軽百年食堂の味~96杯目三忠食堂 弘前さくら祭り出店

画像

三忠食堂 弘前さくら祭り出店
青森県弘前市下白銀町1
営業時間 桜の季節
相馬村で蕎麦食べて、相馬の直売所に寄ってから追手門で車降りて、ぢままとばさまには帰ってもらった。
1人で弘前公園を歩く。
桜は散ってしまった。
本丸に行きたかったが有料。
武徳殿も有料地域だった。
公園グラウンド運動場まで降りてきた。

そうだ、桜祭りに出店している、「三忠食堂」の中華そばを食べよう。
津軽百年食堂の味だ。
ジ様と孫の絵の看板が懐かしい。
自分が小学生だった時のまんまだ。

14:30。
入口で食券買うのに並んでる。
大家族が2組来たからだな。
店内は空いてるぞ。
画像

中華そば650円の食券は紺色のプラスチック。
入口の水道からセルフで水を汲み、テーブル席へ。
ブラックペッパーと七味がある

さて出来上がり。
画像

具が真ん中に固まってる。
長ネギ、メンマ、ナルト、チャーシュー。
みんなチープだ。
画像

メンマは乾燥を戻したばかりみたいな見た目で、チャーシューはかなり小さく気持ち程度。
醤油スープはかなり透き通ってて、キラキラアブラの玉が浮いてる。
麺は極細縮れ麺を引き出し啜る。
これはズルズルズル~って、勢いよく啜れる。
猫舌の自分は太麺だと蓄熱がすごいので、啜れない。
いつも口に押し込む感じで食べている。
しかし、これだけ細くて縮れてると、蓄熱しづらいから、猫舌に優しい。
こんなに勢いよく麺を啜れたのは久しぶりだ。
縮れを啜るシャワシャワとした快感。
あっさりスープが気持ちよく絡まる。
煮干しダシあっさりで、動物系はさりげなく。
実に美味い。
しかし、この味は青森のスーパーに津軽中華そばとして売ってるのをうちで作っても同じ味がするのだが、だけども美味い。
小さい破片みたいなチャーシューだが、赤身でパサパサがスープを良く吸って、またまた美味い。
メンマもなかなか田舎臭い美味さがいい。
ブラックペッパーかけてみたが、あまり前の予想通りの味変。
画像

量少ないから、5分もしないうちに完食。
丼の底に「三忠」の文字。

チャーシュー麺にすれば良かったかな。
でも高い。
桜祭りだから、東京並みだ。
休みは明日まで。
明日思いっきり、出かけたいが。
どこがいい。

画像
画像






かがや食品 魚介ベースの和風スープが青森風です。津軽ラーメン2食入
スーパー玉井
※写真の具材はイメージです。クール冷蔵便にてお届けします。 商品詳細 名称 生ラーメン 原材料名 【


楽天市場



"桜祭りの出店の津軽百年食堂の味~96杯目三忠食堂 弘前さくら祭り出店" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。