のどぐろのそばはクオリティ高過ぎて私のバカ舌でわからない〜67杯目なかご

E1B5011D-BEB1-4044-8D72-EFFFD36AD274.jpeg
なかご
東京都港区赤坂3-16-3
電話 03-6277-7739
営業時間
11:30~15:00、
18:00~23:00(L.O.22:30)
土曜、日曜休み
さて、港屋3で食べた後、もう一軒行くなら近場でまとめないと飛行機まで時間の余裕がない。
赤坂で田所商店の新業態がオープンしてるからそこにしよう。
3年前に行った田所商店の別業態の店と同じ場所。→ https://20422268.at.webry.info/201710/article_13.html
この時はトマト味噌担々麺を食べたんだな。
12:20着。
やってない!( ゚д゚)
なんでだ?
C2EB5430-842D-4090-949D-D66E8FB52885.jpeg
すぐに潰しを探さないと時間がない。
一昨年東京にいた時から気になっていたあの店がある。
のどぐろのそばを出す店だ確か赤坂見附にあったはず。
そこに向かう。
12:56。
「なかご」に到着。
外待ち4名。
店前メニュー
AC0F95B2-133A-4CBA-9DBC-95FB6D6974A0.jpeg
中華そばよりも塩辛ごはん450円が気になるなぁ。

すぐ中へ。
ハイテク券売機で、純粋豚そばのどぐろ(数量限定1,350円と味付玉子150円の食券を買う。
かなり高いが、出張終了だから太っ腹だ。
券をスタッフに渡すと、コの字カウンターが満席で、1つだけある2人テーブル席に案内された。
テーブルには唐辛子、おろしニンニク。

さて出来上がり。
04A3F666-E1A5-494F-A54B-1372195612DB.jpeg
なんだ!この盛り付けは?
懐石料理か。
小さく上品に束ねたほうれん草に菊の花びらが立ってるぞ。
ラディッシュにいくらがのってる。
2種類の海藻はなんだ?
とろろ昆布はわかるが、もう一つはわからない。
長ネギ、チャーシュー、味玉はいいとして、長い万能ネギは何なんだ?
細麺は綺麗に折り畳まれている。
その麺を啜る。
一瞬、「楢製麺」や「ふくぼく」を思い出してしまった。
味は違うが上品さ、高級さが似てる。
のどぐろのダシってハッキリ分からない。
クオリティが高過ぎて、私のバカ舌は混乱している。
美味しいことをハッキリ分かっていない感じだ。
2種類の海藻のところから麺をつまみ食べる。
ただ美味しいねと、それしかわからない。
テーブルにあった唐辛子、ニンニクは要らない。
A90EB12E-3057-46BC-B92F-5E84FDA4CD45.jpeg
チャーシューは冷凍肉みたいにパサついたものだが、下味が地味にしっかりして美味しい。
和風の煮物みたいな味だ。
麺が低加水でサクサク嚙み切れるのが楽しい。
味玉は黄身が羊羹みたいにシットリ。
味もシットリと落ち着いてる。
いくら、どうして食べたらいいんだ?
これは味より見た目の飾りだろう?
こうやって食っちゃえ。
29BF21A8-7E54-4A00-A099-B72F24500108.jpeg
長い万能ネギ、どしたらいい?
こうやって食っちゃえ。
F93387C8-1654-4A25-A42E-71F7D26F91A6.jpeg
ほうれん草と菊の花びらはどこへ行った?
知らぬ間に食べちゃったか?
7EF94F08-E8A0-4F05-BCEE-145797163E80.jpeg
最後に少しだけ唐辛子をふりかけて、麺終了。
スープをしっかりと味わって、完食。

美味しいのはわかるが、高度過ぎて記憶に残らないかも。
忘れそうな一杯だ。
向かいに相席された方が食べてた、背脂焦がし醤油のほうが、自分には向いてるかな。
さて、時間がないぞ。
羽田空港へ急げ!
F66963DE-E657-4733-B3CA-16E756F24164.jpeg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント