あけどや限定鰹香る梅塩ら〜麺〜86杯目らー麺 あけどや

1A2AC87E-5FAC-4203-BA30-658040E751C4.jpeg
らー麺 あけどや
千葉県市川市市川南1-2-22
電話 047-324-1760
営業時間
平日11:30〜15:00、
18:00〜23:00
土曜・日曜・祝日
11:30〜15:00、
18:00〜22:00
但しスープ切れ終了
月曜休み(祝日の場合は火曜日休業)
東京駅から市川へ。
カナのとこに荷物をおいて、一緒に「あけどや」へ。
限定メニューの梅塩ラーメンがあったはず。
13:25着。
外ベンチ待ち4名。
その後ろのベンチに座り待つ。
限定やってるぞ。

0D567E92-6379-4251-8DFA-FA694A0B277E.jpeg
店内券売機。
A7BFBF16-57CF-487A-BF5D-E3131326BD48.jpeg
カナはあじ玉味噌ら〜麺850円。
自分は期間限定「鰹香る梅塩ら〜麺1000円の食券を買う。
店内待ち席ありだが、すぐカウンターに案内された。
店内に、蚊がいる。

さて出来上がり。
カナのあじ玉味噌ら〜麺。
674D4DD2-478A-4686-83BA-DB59E28F9D4E.jpeg
炒め野菜に太メンマが美味そう。
スープがかなりドロドロなのに疲労感がないか気になる。
自分の「鰹香る梅塩ら〜麺」。
3C41BCE3-9100-4EDA-9830-1165527AAD21.jpeg
大葉の上に梅ペースト。
細麺間に白髪ネギ、緑のネギ、軟骨入り鶏つくね。
チャーシューは鶏と豚と2種類。
京都のあの有名な製麺所の中太麺。
全粒粉だ。
それを引き出してすする。
A3329584-4DC2-459A-A611-D41CB260E917.jpeg
優しくあっさりとしたかつおだしのスープはほのかな旨味を感じさせ、麺自体のふわふわとした小麦のおいしさが堪能できる。
ゆっくりと口の中に運びよく噛んで食べた時とら勢いよくすすって雑に噛んで飲み込んだときの味が違う。
鶏チャーシューはよくあるふわふわした胸肉とは違い、地鶏みたいな硬さがありしっかり噛むとおいしい。
豚チャーシューはなぜか存在感が薄かった。
鶏つくねのおいしさはこの上ない。
90B86E33-3172-4215-833F-9DED93F4F2FF.jpeg
淡白なひき肉がスープを軽く引き寄せ、噛むごとにコリコリとした軟骨の食感。
そしてかすかな生姜と大葉の味。
小松菜は塩スープを軽く吸い込み、かじったときの野菜自体の汁がまたおいしい。
ただいずれにしても味付けが薄くて物足りない。
ここで梅ペーストを少しずつ溶いていく。
だんだん完成された味になる。
素材のそれぞれの味が上品に表現されている。
ただ温度が気になる。
冷めるのがかなり早く、もっと熱い状態でこれを食べたいのだが、そうなるとこの味が上手に感じられないのかもしれない。
4A36385D-F63B-4899-9085-13A738CE04B9.jpeg
そうこう考えているうちに完食。
ごちそうさま。

とてもクオリティーが高いラーメンであるものの、もっと美味しくなるのではないかと考えてしまった。
E7C3E520-6B8C-4CFB-B65E-1AA9627333D9.jpeg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント