船堀で大大行列の人気店になってしまった純すみ系~71杯目 大島

画像

大島
東京都江戸川区船堀6-7-13
電話 03-3680-2601
営業時間
11:00~15:00,
17:00~21:00(L.O.20:30)
[日・祝] 11:00~16:00,
17:00~20:30(L.O.20:00)
月曜休み
※祝日の場合は営業、翌日休
「多久味」から「大島」に戻ると、31人の行列。
12:20。
ブログ書きながら並んでたらちょうどいいかな。
1時間並んでも、歯医者には間に合うな。
それで行列に並んだ。
2013年5月11日にオープンしたこの店だが、そのオープン時に行って、昔風を食べた→https://s.webry.info/sp/20422268.at.webry.info/201305/article_11.html

13:12、券売機に到着。
メニュー
味噌らーめん 800円
塩らーめん 800円
醤油らーめん 800円
昔風らーめん 860円(煮玉子付)
こく辛味噌らーめん 870円 (夜の部限定)
麺大盛り100円
替え玉 200円
煮たまご 130円
ネギ(別皿)110円
メンマ 130円
コマ肉 150円
チャーシュー 200円
のり(6枚)110円
キャベッチャ(別皿)130円
もやし(別皿)150円
くるみナッツ 150円など。

醤油らーめん 800円ともやし(別皿)150円と小ライス100円の食券を買い、スタッフに渡して、店内待ち3人。
まもなくカウンターに案内された。
ステンレスのタンブラー。
やかんに水。
コショー、一味、酢がある。
薄めるスープあるそうだ。
前回来たみたいに油は舞ってこないぞ。

さて出来上がり。
ライスは小さい器にビッシリ詰め込んで、紫の柴漬けがのってる。
長ネギの下にチャーシュー。
その下に炒めたモヤシ、玉ねぎ。
ナルトとメンマものる。
もやしがきた。
ラーメンと同じ丼で、山盛りだなぁ。
乗せ移して、二郎みたいにしちゃえ。
もやしには醤油ダレがかかっているから味が薄くなると言う事は無い。

麺を引き出す。
記憶より太い麺だ。
中太縮れ麺だな。
啜ると、焦げた香ばしい香り味。
ニンニクの味もある。
とても良い。
だがもっと醤油濃く、油濃く、強い味だと思ったら意外にあっさり。
さらに油膜が厚くて温度が高すぎてなかなか啜れないほどだと思っていたが、実に食べやすい温度。
出身店より食べやすくしちゃったのか。
「純すみ系」なら麺をライスの上に逃して冷ましてライスと一緒に食べるのがおいしいのだけど、これは結構ぬるくなってしまって効果的じゃない。
チャーシューもメンマもライスと一緒に食べる。
チャーシューは赤身の中に入ってる筋がおいしさを生和立てている。
メンマはよく噛むと独特な薬臭い味がする。
食べ進むにつれ、冷めていく速度が速い。
熱々で火傷しそうなのがこの魅力なのだがこれにはそれがない。
スープかけご飯もスープが意外に薄いから思ったように味わえない。
8割食べて唐辛子をたくさんかけてみた。
完食。

なんか冷めるのが早かったのが意外。
こんなに並ぶのも意外。
ラヲタではない一般の人の行列ができる有名店になってしまったんだろう。
商売としてはそれは大成功だ。

画像
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック