工藤ハジメの「墓石はらぁ・麺どんぶりにしてくれ!」

アクセスカウンタ

zoom RSS 巣鴨でしょうが?(生姜)〜159杯目生姜は文化

<<   作成日時 : 2018/09/24 15:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

らぁめん 生姜は文化
東京都文京区本駒込6-6-2 沢谷ビル1F
営業時間
11:00〜16:00、
17:00〜21:00
木曜休み
上野から巣鴨へ。
7月28日にオープンした「生姜は文化」へ。
面白い店名だ。
池袋の「塩そば専門店 桑ばら」神田の「塩生姜らー麺専門店 MANNISH」の姉妹店だそうだ。
「桑ばら」は以前の店名の「まるきゅう」の時は行ってるが、「桑ばら」になっては未食のようだ。
MANNISHは食べてるな。→https://s.webry.info/sp/20422268.at.webry.info/201604/article_8.html

14:15着。
店内カウンター満席。
待ち席に3人座っている。
メニューを調べた時
塩生姜らぁめん 750円
塩生姜らぁめん(味玉) 850円
塩生姜らぁめん(チャーシュー)1050円
塩生姜つけめん 850円だったが
来てみたら同じく醤油がある。
塩生姜つけ麺にしようと思ってきたが、醤油味玉らぁめん850円の食券を買った。
すぐにカウンター空いたから座った。

券を渡し、しばらく待つ。
カウンターにはブラックペッパーと醤油酢。
ポイントカードもあり。
画像

さて出来上がり。
ロールのチャーシュー2枚に味玉、海苔、カラフルな球は何だ?
画像

海苔の下にほうれん草。
ネギが入ってないんだな。
平打ちの太麺をすする。
画像

かなりオイリーなスープが麺に絡まってくる。
生姜がかなり効いてるから、油がくどく感じない。
醤油もキリリしてそうな色だが、油と生姜で醤油の個性は後退り。
美味しいのだが、普通に美味しい醤油らーめんに生姜が入れるとこうなる感じがする。
なんか、うちでも作れそうな味。
カラフルな色の球は?ると竹輪麩みたいな感じだ。
ロールのチャーシューもオイリーなスープと絡むととくどい。
美味しいが、あまりいいコメントが出てこない。
これはやはり塩生姜の方がいいのかな?
それでも麺全部食べ切った。
生姜スープをじっくり飲んだ。
画像

汗だくだ。
ご馳走さま。

MANNISHのような美味さがなかったのは残念だ。
やはり塩にすべきだと思う。

画像





月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
巣鴨でしょうが?(生姜)〜159杯目生姜は文化 工藤ハジメの「墓石はらぁ・麺どんぶりにしてくれ!」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる