ブーム、「食べる強人辣油」!~93杯目豚麺研究所 香

画像

豚麺研究所 香(シャン)
東京都中央区日本橋本石町4-4-15
電話090-7204-6566
営業時間11:00~23:00
土 11:00~14:00
日曜休み
先日、フジテレビのニュースでも取り上げられていたお店です。
今は辣油ブーム。
何年か前から辣油を打ち出したラーメンを提供してた学芸大学の『拉麺研究所 香』が、やっと来たブームにのってセカンドブランド店をこの4月オープンさせました。
学芸大学の「香」は行った事があり、過去ログにありました。→http://6543.realog.jp/2030333.html?y=2007&m=08&d=5&s=a
こちらはメニューにも使われている山椒の香りが効いた自家製のラー油「食べる強人辣油」が話題なのです。
これは500円でテイクアウトすることが出来、先日のテレビでも何本も買って帰る方がいました。オープン直後に訪問。
一番乗り。
強人辣油胡麻つけ麺840円の食券を買いました。
麺は並180g+半熟玉子か麺大盛り270gが同料金で、並+半熟玉子にしました。
あつもりにして、辛さは初辛、中辛、メガ辛か聞かれ、メガ辛も迷いましたが、味が分からないとイケない気がして中辛を選びました。
さて出来上がりました。麺の皿にはもやしと半熟玉子がのっかってます。
麺だけ先に食べます。
カネジン食品によるプリプリとした食感の中太麺です。
ツケタレは豚の脂身、カイワレ、長葱、焼き葱と黒い肉が入ってます。黒い肉は牛肉かな?テールみたいです。
そして上に「食べる強人辣油」です。
タレにつけると激旨です。
山椒の辛味が程よく、ビリビリとゆっくり痺れてきます。
見た目流行の魚介豚骨ベースでしたが何か違う。魚介に頼らず、動物系のベースでアッサリと演出しています。

麺の横に盛り付けられてるもやしもツケタレにつけて食べます。アッサリとし、シャキシャキがまたいい箸休めです。
玉子を崩し、カルボナーラ風にして食べたり、「日本一辛い黄金一味」をかけたり、トウガラ酢をかけたりして味の変化を楽しみます。
最後は卓上のポットからスープ割。
割スープだけレンゲで確かめると、お湯にも近く澄んだ薄い動物系でした。
飲み干すと、「食べる強人辣油」が沈んでます。食べたら、こりゃ旨い!テイクアウトしたくなりました。
麺並だと、少な過ぎました。
それからメガ辛でも自分は大丈夫でしたね。
全体的に好きなジャンルのつけ麺でした。
青森でも何処かでやって欲しいですね。
まずは県産品を使って「食べる青森辣油」を作って欲しいです。

画像
画像
画像
画像
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック