工藤ハジメの「墓石はらぁ・麺どんぶりにしてくれ!」

アクセスカウンタ

zoom RSS 東京にニボニボを持ち込んだ秋田の名店〜90杯目 伊藤浅草店

<<   作成日時 : 2017/06/14 12:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

自家製麺 伊藤 浅草店
東京都台東区駒形2-6-9
電話 03-6802-8226
営業時間
11:00〜16:00、17:00〜20:00
無休(年末年始を除く)
曇りで涼しい休日。
今日は京王井の頭線の名店を巡ろうと思ったが、浅草で大事な用が出来た。
それで、浅草の思い出の名店を巡る。

まずは「伊藤」。
2011年10月にオープンした浅草店だが、先に王子にオープンしたのが最初だ。
当時今みたいに煮干しが強烈なラーメンはまだ東京に数少なかったから、強烈な印象を与えた。
2011年に行った書き込み→http://s.webry.info/sp/20422268.at.webry.info/201110/article_10.html

11:20着。
背中合わせのカウンター8席に先客なし。
店内券売機でメニュー
中華そば(小)600円、(中)700円、(大)800円
肉そば(小)750円、(中)850円、(大)950円
比内鶏そば(小)600円、(中)700円、(大)800円
比内鶏肉そば(小)750円、(中)850円、(大)950円
チャーシュー(5枚)200円、スープ増し 100円
白飯 200円、白飯(小)100円
卵かけご飯(チャーシュー・ネギ入り) 300円、チャーシュー丼 350円
水餃子(4個)200円
肉そば(中)850円の食券を買い、厨房カウンターへ出す。
セルフスタイルだったのか?

煮干しのいい匂いが来た。
持ってきてくれた。
画像

豚肉4切れとネギだけのシンプルさ。
麺は角ばった細ストレート。
麺を寄せてスープを見ると醤油澄んでいて、ギラギラ煮干しウロコが浮いてる。
画像

麺啜る。
香ばしく、苦味が心地よいスープが絡んでくる。
麺は今流行りのニボニボ用とは違う。
加水が多いのかな。
しかしながら、歯切れはいい。
後味で甘さを感じる。
青森と似通った煮干し味。
伊藤を食べ始めた当時はかなり煮干しキツイと絶賛したのだが、今となっては優しい煮干し。
肉は脂身が程よく美味さを出している。
小さな4切れはちょうどいい。
残り少ない麺にコショウ少しかけて食べた。
麺食べきり、残ったスープをレンゲで堪能。
画像

スッキリ美味かった。
ご馳走さま。
さて、気持ちを新たに、用事に向かう。

画像
画像






浅草忍ハウス
楽天トラベル
浅草駅より徒歩3分、1軒まるまる貸切りのお宿。ロケーション抜群の環境でのんびりおくつろぎ下さい。


楽天市場 by 浅草忍ハウス の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル





浅草ROXまつり湯
楽天トラベル
東京スカイツリーが眺望できる露天風呂をはじめ11種類のお風呂と3種類のサウナ完備(サウナ男性2種類)


楽天市場 by 浅草ROXまつり湯 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
東京にニボニボを持ち込んだ秋田の名店〜90杯目 伊藤浅草店 工藤ハジメの「墓石はらぁ・麺どんぶりにしてくれ!」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる