工藤ハジメの「墓石はらぁ・麺どんぶりにしてくれ!」

アクセスカウンタ

zoom RSS ラー博新店、利尻島から来た昆布で美味いラーメン〜54杯目らーめん味楽

<<   作成日時 : 2017/04/06 13:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

利尻らーめん 味楽 新横浜ラーメン博物館店
神奈川県横浜市港北区新横浜2-14-21 新横浜ラーメン博物館店
電話 045-471-0503
営業時間
11:00〜23:00
[土・日・祝] 10:30〜23:00
※入場は22:00まで、L.O.は22:05
無休
今日は風が強いけど、スッキリ晴れて気持ちいい。
新橋で大事な方にお会いしてから、新横浜へ。
ラー博に行くぞ。
新規店舗狙いだ。

12:45着。
まずは遠く北海道は利尻島の有名店「利尻らーめん 味楽」へ。
なかなか行きづらい店がラー博に来たぞ。
12人待ちだ。
券売機でメニュー
焼き醤油らーめん 900円、ミニ焼き醤油らーめん 570円、ネギチャーシューめん 1,300円、チャーシューめん 1,150円、ネギらーめん 1,050円
デフォだな。
焼き醤油らーめん 900円の食券を買い、並ぶ。
五分後着席。
なんか不思議な美味しそうな香りが店内に漂ってる。

さて、出来上がり。
画像

シンプルだな。
チャーシュー一枚、メンマ、昆布。
真ん中に白髪ネギ。
画像

それを寄せると青ネギとモヤシが下にある。
スープはやや濁りありの醤油。
麺引き出すと、西山みたいな硬い縮れ細麺。
画像

啜ると、不思議な香りと同じ味が。
これは昆布の旨味なのか?
味わったことない旨味だ。
ぬるいなぁ。
味が引き立つ温度なのか。
勢いよく啜って、息を鼻から吐くと快感だ。
チャーシューは赤身の灰汁っぽい美味さが好きだ。
メンマは田舎のスーパーにあるみたいなチープな美味さがある。
昆布は柔らかい歯切れ、出汁のベースを主張する。
ただただ美味いが、ぬるい。
これがいいのか、違うのか?
テレビで見た利尻島の店では、醤油を焦がすオペレーションが見えていたが、ここではやってないのでは?
あれやったら、強烈な煙やニオイが店内にあってもよさそうだが、無いな。
かなり美味しく完食。
画像

ただ、利尻島の本店とはクオリティが違う気がしてならない。
本店に行きたくなった。

画像

特選花折利尻昆布250g
礼文島 船泊漁業協同組合
特選花折利尻昆布 名称 特選花折利尻昆布 内容量 250g 原産地 北海道礼文島船泊産 原材料 北海


楽天市場 by 特選花折利尻昆布250g の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ラー博新店、利尻島から来た昆布で美味いラーメン〜54杯目らーめん味楽 工藤ハジメの「墓石はらぁ・麺どんぶりにしてくれ!」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる