工藤ハジメの「墓石はらぁ・麺どんぶりにしてくれ!」

アクセスカウンタ

zoom RSS 蓮沼ニボニボはチョッと嬉しい青森寄りの味〜175杯目麺処にそう

<<   作成日時 : 2016/10/03 12:12   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

麺処 にそう
東京都大田区東矢口3-1-11
電話 非公開
営業時間 11:00〜15:30
店休日は日曜日・他、臨時休業もあり。
どんより曇った休日。
娘が修学旅行で滞在中の沖縄に台風が直撃中。
今日はホテルから出られないそうだ。
明後日もこちらにも少し影響が出てきそう。

10:20葛西から蒲田、蓮沼へ。
八月末に臨時休業でフラれた「麺処にそう」へ。
7月20日にオープンしたニボニボありの新店だ。
銀座のあそこの店で、駒込の「きなり」の店主と同期だって。
「花道」にもいた店主だそう。

11:13着。
店内カウンター6席に先客2名。
券売機でメニュー。
煮干し醤油750円、濃縮煮干し醤油750円、冷やし塩ラーメン750円、煮干し醤油(中) 濃縮煮干し醤油(中) 各780円
辛み(小)20円、辛み(中)50円、辛み(大)80円、麺大盛 味玉 メンマ 白ごはん 各100円、チャーシュー なめ茸ごはん 各200円、きまぐれ杏仁豆腐250円
並150グラムは少ないから中か?
いや、連食だから並でいいだろう。
濃縮煮干し?油並750円と味玉100円、辛み(小)20円の食券を買う。
カウンター端に座る。
カウンターにはブラックペッパー、酢、一味唐辛子。

さて出来上がり。
画像

セメント色のスープは流行り雰囲気。
しかし何か流行りのニボニボと違う部分があるかな?
チャーシュー2種類、岩海苔があるな。
ザク玉に青ネギ少しパラリ。
メンマに味玉。
麺引き出すと平打ちの縮れ中太だ。
これは違う。
流行りのプッツンパッツン細麺じゃない。
啜る。
画像

ほほう〜〜。
これはいいなぁ。
どちらかというと青森寄りの味だよ。
「たかはし」っぽい酸味と甘みがある。
ただ苦味はかなり強い。
その強烈な苦味が口の中で美味さに変わる。
これは濃縮じゃないメニューを頼んだら、さらに青森のニボニボに近い味かもしれない。
チャーシュー2種類はさりげなくニボニボに合わさり、強烈な自己主張はしない。
メンマはコリコリ。
岩海苔がいい磯の風味をスープに与える。
ザク玉の食感と味もいい役割。
美味いなぁ。
この味の方向性は久しぶりだ。
煮干し凶会の方向性とは違う、ある部分「凪」みたいな要素もあり。
似て異なるオリジナル。
味玉はトロトロ。
画像

黄身の美味さが冴える。
麺を黄身に突っ込み絡めて食べたら絶品。
3割麺を残し、辛味を入れた。
画像

ハッキリと痺れ辛味が前に。
山椒の味が支配したから、かなり味が変わった。
この味変はいい。
すごい上手い美味さになった。
麺食べきり、辛いスープをレンゲで。
画像

大満足の完食。
素晴らしいなぁ。
近くにあったら何度もリピートしたい味だ。

さて、少ない麺でよかったなぁ。
次も楽しみだが、強烈な味はごぼう茶で舌を洗わないと影響が出るぞ。

画像






煮干しの解剖教室【電子書籍】[ 小林眞理子 ]
楽天Kobo電子書籍ストア
<b>※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だ


楽天市場 by 煮干しの解剖教室【電子書籍】[ 小林眞理子 ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
蓮沼ニボニボはチョッと嬉しい青森寄りの味〜175杯目麺処にそう 工藤ハジメの「墓石はらぁ・麺どんぶりにしてくれ!」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる